タキロン素材のミラクル加工【魅力的な製品の源を知ろう】

工場

ガラスに代わる耐衝撃素材

業員

窓などに設置するガラスは透明度が高いので、室内にいながら採光や外の景色を眺めることができます。しかしながら、ガラスは美しい反面衝撃に非常に脆いので、家具の転倒や人がぶつかってしまうことで簡単に割れてしまうので問題となります。通常のガラスのような透明度があり、なおかつ衝撃に強く割れることがない素材を使用したいと考える人も多いでしょう。そこで利用ができるのが、窓ガラスに代わる素材として注目が集まるカーボグラスなのです。カーボグラスは、樹脂製の素材であるため、衝撃に強く打撃を与えられたとしても砕けることはありません。事故による怪我を防止することができるほか、台風などへの措置として使用することや、防犯目的で使うこともできるなど、多くの利点がある素材なのです。

素材の頑丈さとクリアな見た目で注目されているカーボグラスですが、樹脂製であるがゆえに、表面に傷がつきやすいのが問題となっています。窓ガラスの表面に傷がついてしまうことは致命的であり、たくさんの傷が付着すると、せっかくの美しい見た目が損なわれてしまうでしょう。汚れも傷の中に入り込みやすいので、長年使用するとみすぼらしくなってしまうことが長年の難題となっていました。しかし、カーボグラスを制作する会社ではこの傷の付着を防ぐ措置を行なっています。カーボグラスをカバーするハードシートを貼り付けることで、表面に付けられる傷を防ぐことができるのです。シートが古くなった際は、依頼すれば格安で張り替えを行なってくれるので、美しい見た目を維持し続けることができるでしょう。